築52年の現山車庫を建て替え、新しい山車庫に生まれ変わりました。

東一の提燈祭り山車等の収納場所である東一山車庫は、平成2年8月に地権者様の多大なるご厚意により土地・建物の寄附を賜り、久喜東一丁目町会としてしっかりとひきついでいくことができることとなりました。

平成24年より約10年にわたり祭りを支えてくれた現山車庫ですが、築52年となり老朽化により近隣家屋また内部収納物への影響が大変深刻な状況となっており、早急に建替えが必要との結論になりました。建て替える山車庫は、近隣に対し安全性を高くもち、内部収納財産をしっかりと守ることができる建物であることを第一に、地域の皆様がより身近に伝統文化にふれあえ、温かい地域コミュニティをはぐくむことができる場所にしたいと考えております。

新山車庫詳細

建替までの経緯

  • 平成31年1月   地権者様より町会に対し、現山車庫土地・建物の寄附の申し込み
  • 令和2年6月29日 久喜市より認可地縁団体の承認
  • 令和2年8月29日 現山車庫土地・建物寄贈式
  • 令和2年9月11日 現山車庫土地・建物移転登記完了
  • 令和2年9月   現山車庫建物現状調査
  • 令和2年12月9日 国税局に「租税特別措置法第40条の規定による承認申請書」提出
  • 令和3年3月20日 班長引き継ぎ式にて、現山車御屋の現状報告会、山車庫現状確認会開催
  • 令和3年5月16日 久喜東一丁目町会令和3年度通常総会にて「山車庫の現状と今後の対応について」全戸配布
  • 令和3年6月6日  現山車庫一般見学会
  • 令和3年8月8日 拡大会議にて、山車庫建て替え計画詳細についての説明会開催
  • 令和3年9月12日  久喜東一丁目町会、臨時総会において”山車の建て替え計画案”を議決
  • 令和3年10月  国税庁より租税特別措置法第40条の規定による承認申請の承認
  • 令和4年2月  山車小屋解体・建設開始
  • 令和4年6月5日 安全祈願祭
  • 令和4年6月26日  落成式典および内覧会 

場 所

建築方法

≪建築方法≫ 

建築する山車庫は、機能と安全性を重視したシンプルな倉庫型です。資金的な面からも山車庫の広さと高さを最小限におさえています。また防火性能の高い屋根・外壁で囲いますが、内装はトイレ部分のみに限定するなど、なるべく建築費用がおさえられるように安全・機能面以外の部分は極力削減しています。

≪資金繰り≫ 

約10年前に山車の土台を作成した時と同じように、協賛金を久喜東一丁目町会会員様、協力事業所様、近隣行政区様、祭典保存会会員等よりひろく募ります。全額協賛金でまかなえることを目標にしますが、不足金がでた場合は、借入を予定しています。

設計図

①山車庫 (正面・側面図)

人形を倒した状態での人形山車、また6段提灯山車がそのまま収納できる高さとします。中に入ってからは屋根勾配を利用し人形を立て、室内で人形山車の展示をすることができます。山車本体・提灯・人形をばらすことなく収納できることにより、山車本体・人形・提灯(特に雨天時)の傷み・劣化を軽減できることに加え、従事者の負担とケガのリスクを大幅に減らすことができます。

②山車庫 上から

山車庫には、山車本体以外にも提灯、囃子用品、交通規制看板等多くの備品を収納するスペースが必要です。現山車庫に比べ狭くなるため勾欄、竹等は空間を使い収納する予定です。

③敷地と山車庫

広さは、現山車庫に比べ2/3となりますので、周囲にしっかりとスペースをとることができます。また、前方に山車の展示、提灯山車への組み換えができる大きなスペースをとります。道路上で提灯山車への組み換えを避けられるようになる為、交通・作業両面で の安全性が大きく改善されます。

土地面積 165.39㎡  建築面積 82.22㎡

協賛金のお願い

貴殿におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。平素は、久喜東一丁目町会ならびに東一祭典保存会の活動につきまして、格別のご理解とご協力を賜り、心より感謝申し上げます。平成31年に地権者様より山車庫の土地・建物寄贈のお話をいただいてより、役員一丸となり何度も何度も会議を重ね将来の町会・地域にとってのベストを考えてまいりました。また、拡大委員・班長・会員の皆様にも多くのご尽力をいただきました。心より感謝申し上げます。建て替え計画は約2年の月日をかけ、調査、計画、報告、修正とできるだけ皆様のお声に耳を傾けながら進めさせていただきました。そして先日の久喜東一丁目臨時総会にて皆様のご賛同をいただいたところでございます。

東一丁目はもちろんのこと東地区さらには久喜市全体のすばらしい街づくりに寄与できるような山車庫・提燈祭りをめざしてまいります。どうぞ本趣旨にご賛同いただき格別のお力添えをいただきたく、是非ともご協賛を賜りますようお願い申し上げます。

久喜東一丁目町会 会長 竹山 悦男

東一祭典保存会  会長 飯島 重則

協賛金募集期間

期 間   令和3年10月1日~令和4年1月31日

役員が順次お伺いさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。

芳名板

3千円以上の協賛金をいただいた方は東一会館内の芳名板にお名前を記載させていただきます。()()

3万円以上の特別協賛金をいただいた方は、新山車庫内の芳名板にもお名前を記載させていただきます。

協賛いただいた事業所様は、本ホームページにて紹介およびリンクの貼り付けをさせていただきます。

※芳名板およびホームページの記載に関しては希望される方のみです。

協賛金受付日

東一会館にて、直接協賛金をお受けいたします。

協賛金受付日

令和3年10月31日(日)10:00~15:00

令和3年11月28日(日)10:00~15:00

令和3年12月26日(日)10:00~15:00

令和4年 1月30日(日)10:00~15:00

建替えの理由

大変お世話になっている山車御屋も築52年となり、近年の地震リスクの上昇、異常気象もあいまり以下4つのリスクの増大が顕著となっており、緊急の建て替えが必要と考えております。以下ご報告申し上げます。

①老朽化(特に屋根と基礎)からくる建物崩壊により近隣住民へ影響をおよぼすリスク

屋根トタンが剝がれ飛んで人命・財物への損傷・建物倒壊による近隣建物等への損傷が心配されます。

②内部収納物損壊のリスク

建物の劣化・基礎の構造または崩壊により耐震・耐災性能が極端に低い状態となっており、皆様の寄附の結晶である内部収納財産の損傷が心配されます。

③防犯上のリスク

歪みから多くの隙間が生じています。また窓が壊れコンパネのみで塞いでいる状態の箇所もあり、地域防犯の観点より心配があります。

④漏電による火災のリスク

土間のためホコリが多く、穴だらけの屋根からの雨漏り、ねずみ等の小動物の存在もあり漏電火災の心配があります。

現山車庫の現状

①建物の老朽化

現東一山車庫は昭和45年に築造されたものであり、老朽化がすすみ特に屋根の主要構造部である棟・母屋・桁、屋根トタン、垂木、トタン下地の桟木の腐食が進行してしまっています。そのため多くの箇所でトタンをとめている要の釘が効いていない状態となっており、手でトタンを持ち上げただけで釘がパラパラとぬけてしまう状態です。近年の異常気象による自然災害の強大化や増加の傾向を考慮すると、近隣ならびに内部収納品等への影響が大変心配されます。

母屋(もや)の腐食
トタンの腐食
強風後のはがれたトタン
下地の桟木(さんぎ)の腐食

②基礎の崩壊等

建物基礎には自然石が使用され、土台は基礎に緊結されておらずただのっているだけの構造です。しかも長い時間の経過とともに基礎石は溶け崩れてしまい、土台は数カ所の基礎にしかのっていない状態です。その為建物は傾き、ゆがみとずれが生じてしまっています。基礎の石は大変もろくなっており、大きな地震や大雪の際には、建物の倒壊が心配されます。また、各所に大きなすき間ができてしまっている為、強風時には大量の風が建物内に進入し、建物が風で内部からまきあげるられるような状態となってしまっています。老朽化した屋根トタンがあおられ飛ばされてしまう事や、舞い上がるホコリ等の影響から漏電火災等の電気的事故が心配されています。

歪みと傾き
基礎石の崩壊

③全体的な状態

現山車庫

元々は建設会社の資材置き場でしたが、平成24年より地権者様より賃貸の形で利用させていただいておりました。

山車の格納、彫刻・人形・提灯・各種幕・太鼓等の保存の他、山車・提燈の整備・点検、伝統文化伝承の場所として大切に使用させていただいております

東一山車蔵

Dasikura